· 

胆振東部地震と節電の提言

今朝の朝刊は、胆振東部地震の影響で、

苫東厚真火力発電所の復旧が、

11月以降になり、電力事情がひっ迫し、

節電を呼びかけている。

テレビでも、ニュースなど節電を事あることに呼びかけている。

事情が事情だけに、この節電呼びかけはよく理解できる。

ところが…。

呼びかけているテレビなどは、

大きな電力を使っているのではないだろうか?。

特にNHKは、地上波は総合テレビ、教育テレビ。

BSでもBS1とプレミアム、

そしてラジオは第1放送、第2放送。

これだけでかなりの電力を使っているのではないだろうか。

それにかなり再放送番組も多い。

特にNHKは、これだけの局を持っているのだから、

放送の時間制限をすると、

かなりの視聴者がテレビを見ないことになり、

節電効果がかなりあると思う。

民放もしかり、

必要な番組を厳選し、

放送をしない時間を設けても好いと思う。

一般の国民に、呼びかけるばかりでなく、

放送局等電波発信する事業者自らが、

節電の範を示し、

国民に理解を求めるべきではないだろうか。