朝の海

久し振りに早く起き、朝の海に足を運んだ。

昨夜、激しい雨が降ったが、

今朝は晴上っていた。

日の出から時間が経っていたので、

太陽は既に高かった。

波やや高く、太陽は少し雲に隠れていた。

 

一羽の烏が、流木に留まり

 

遠くの対岸で、

空に真っ直ぐと煙突の煙が上がっていた。