幌尻岳遭難事件と思い出

先月29日、日高山脈の最高峰幌尻岳で2人の方が亡くなった。

 

心からお悔やみ申し上げます。

 

この遭難事件で、

 

私は44年前の幌尻登山を思い出した。

 

27歳の時友人と二人で幌尻登山を目指した。

 

車から降り糠平川の急流を沢登りをして、

 

幌尻山荘を目指す。

 

その山荘に一泊して、翌日山頂を目指したのだ。

 

かなりの急流で、かなりの深みのある沢登は、

 

危険極まりないコースだ。

 

胸までつかる深い沢を2時間近く歩いたような記憶がある。

 

山荘に着いた時は、もう薄暗くなっていたような気がする。

 

その日は雨だったから、糠平川は増水していた。

 

山荘で一夜を過ごすが、雨は止まず強くなるばかり。

 

結局登山を断念して、翌朝帰宅するのだが、

 

今回の遭難事件は、正にその沢下りで3人が足を滑らせ、

 

2人の方が命を落としたようだ。

 

この事件で、昔の体験が鮮明に甦ってきた。

 

もし登山後の体力消耗した後の急流の沢下り、

 

危険極まりない。

 

私たちはまだ若かった。

 

雨で増水した沢でも登山していない分体力があった。

 

44年前の登山しない判断が正解だったことを、

 

改めて思わされた。