外来種!

森の中の大きな水たまりに、

 

突然現れた外来種の大きなミドリガメ。

 

2匹仲良く甲羅干しをしていた。

 

ミドリガメと言えば、

 

子どもがお祭りで小さな可愛いミドリガメを買い、

 

ペットとして飼っていたことがあったが、

 

北海道の自然中で生息し、

 

こんなに大きくなっているとは驚き。

 

北国の環境でも生きていける生命力の強さか?…。

 

鶴は千年、亀は万年。

 

それにしてもこんな外来種もいるとは、

 

ヒアリ同様他の生命も国際化の波が押し寄せている。