モンゴルの羊肉

むかし、むかし…その昔、

家族で中国内モンゴル自治区の大草原を旅したことがある。

5人家族で初めての海外旅行だった。

子供たちはまだ小さかったが、

とに角楽しく思い出の家族旅行だった。

その一コマ

大草原までは車で走ること3時間。

当時は高速道路もないので、

車はただガタガタ道を誇りを立てて疾走した。

着いた草原は、草原というより砂漠に近かった。

そこで食べたのが羊肉。

単純な塩煮したスペアリブだったが、

バカでかく、洗面器で山盛り持ってきた。

これが格別美味しかった。

羊肉と言えばジンギスカンで、

焼肉しか食べたことが無く、

煮た肉は初挑戦。

しかしに臭いも癖もなく食べやすい。

さすが遊牧民の食べ物である。

脳裏に焼き付いたモンゴルの羊肉、

時々思い出す食べ物だ。