書道展を見て…

車を3時間走らせ旭川まで足を延ばし、

 

書道展を見に行ってきた。

 

第1回中村青蓮個展と第5回記念北書会展。

 

 

 

 

中村先生は私が所属する心華社の大先輩、

 

88歳の高齢にして、個展を開催したのだ。

 

 

 

会場となった旭川駅近くの蔵囲夢は、

 

レンガ作りの建物で、雰囲気がある。

 

そこに中村先生は、39点の作品を展示、

 

 

 

 

 

 

北書会展は21点を展示していた。

 

漢字あり、仮名あり、調和体ありで、バラエティに富み、

 

しかもレベルの高い作品ばかりだった。

 

 

 

 

中村先生の作品は、エネルギッシュな大作もあり、

 

書道に対する強い情熱を感じた。

 

素晴らしい展覧会に、感動して再び3時間の道程を戻った。