男と刃物

男は本能的に武器にあこがれる。

 

子供のころの遊びはチャンバラ、棒を持って走り回っていた。

 

小学生3、4年生くらいの時、肥後守のナイフをいつもポケットに入れていた。

 

 

一番の用途は鉛筆削り。

 

だが、チャンバラ用の刀にする柳の木の枝を切ったり、

 

それを削ったり、先を尖らせたり、

 

肥後守のナイフは、有効に使いこなしていた。

 

※ ※ ※ ※

 

それから数十年経て、アウトドアで遊んでいたころ、

 

形の良いナイフに憧れ、カナダに行ったとき購入したのが、

 

2本のナイフである。

 

 

このナイフは、形状として魅力がある。

 

そして切れ味も抜群。

 

40年近くたった今も直、宝物となっている。

 

男は狩猟民族だった古代より、

 

良い刃物に憧れていたのかもしれない。