神仙沼散策…

ニセコから岩内に通じる国そのしんせんぬまを道66号は、

 

パノラマラインと言い、人気ドライブコース。

 

峠付近のチセヌプリ近くに神仙沼がある。

 

標高750mの山懐に高山植物群や赤エゾ松に囲まれた

 

美しい高山湿原。

 

数あるニセコの沼の中でも最も美しい沼といわれる。

 

その神仙沼を訪れた。

 

車を降りて直ぐ入口があった。

 

 

 

 

 

早速素晴らしい書に出会った。

 

地元言わないで活躍する墨象書家・馬場玲先生の作品。

 

 

 

 

整備された木道が歩きやすい。

 

すれ違う人と、挨拶を交わすのも、

 

心が開かれる。

 

 

 

 

足が弱くなっている私にとってありがたいコースだ。

 

周囲の植物を楽しみながら歩いた。

 

 

 

 

 

 

目的地の神仙沼までは1キロ位だろうか。

 

 

 

 

やがて視界が広がり、

 

美しい湿原が目の前に現れた。

 

空気が美味しい。

 

神が造った風景は、素晴しい美しさだ。

 

 

 

 

すべての物が輝いている。

 

天も地も風も空気も花も虫も。

 

森羅万象全てが輝いている。

 

こんな風景に身を置ける幸せを、

 

全身に受け止め、

 

自分の命に感謝した。