春の足音

春の足音が聞こえてきた

青空が広がり

ちょっと冷たい肌に爽やかな

冬名残の風が吹き

春の香りがする

 

目を凝らすと

雪に耐えていた

若々しい小さな草が顔を出し

バラの木の枝先に

赤くかわいい小さなつぼみ

春を寿ぐ

春分の日の朝