大雪…吹雪…あぁ春遠ざかる

電話の音で目が覚めた…。

外はまだ薄暗く感じたが、

時計の針は、すでに7時を回っていた。

寝室の窓から外を見ると、

驚くほど雪が降り、吹雪いている。

降雪の少ないこの地方だが、

一夜にして足の脛までの雪が積もっていた。

そして横殴りの吹雪、

今冬初めての悪天候である。

 

幸い、今日は出掛ける日ではない。

自宅でゆったりと原稿を書くこととした。

まだ外薄暗く、強い風が時々吹き、

冷たい雪が舞っている。