現実だが…心が細くなってしまった

昨日、一番仲の良かった姉の見舞いに行った。

姉は、今年80歳を迎えた。

一番心が通じ合う仲の良い姉だった。

一昨年から肝臓の機能が、

著しく低下し入退院を繰り返していたが、

最近、急激に衰えた。


姪からの電話もあり、半年振りに見舞いに行ってきたが、

見る影もない衰えようで、先がないという現実を知らされた。

姉は、僕に元気のないか細い声で、

「会えるのが、最後かもしれないね…」と言った。

その言葉を聞いて、胸が詰まり、思わず涙が出そうになった。


悲しい現実だが、私の心が一気に細くなってしまった。

私は、両親がやや年を取ってからの子供なので、

4人の姉達とは年が離れている。

一番近い6歳年上の姉は、先立ち、

残っている3人の姉は、みな80歳を超えている。

自分自身も70歳になったので当然のことだが、

齢を重ねる現実を身近に考えさせられた。