呆れたテレビ報道番組

最近、某テレビ今日の報道番組を見て、

呆れたことが二つあった。

日本語を正しく使っていないと言うことだ。


その一は、

ネコを数えるのを、1頭、2頭と数えているのだ。

全国に流れる報道番組で、

子供でも分かるような間違いを平然と話している女性アナ。

それにしても取材した記者、それをチェックするところも無かったのだろうか?…。

レベルの低さには、驚きである。


その二は、

暴風雨の現場でレポートしている女子記者。

「濁流している…」と表現していた。

詩的には表現する可能性があるが、

適切な言葉でないことは明らか。


同じ放送局であるが、このレベルの日本語で、

全国にもっともらしく報道するとは、

呆れるばかりである。