朝のひと時

日曜日の朝、

いつもよりちょっと遅くベットから起き上がった。

東の窓から眩しい夏の太陽が射し込み、

透きぬける青空が広がっている。

夏の風が、微かに小さな葉を揺らしているのが、

目に入ってきた。


のんびりとした朝のひと時だ。

身支度をして、椅子に腰かけ新聞を見ながら、

朝のコーヒーを口にした。

仄かなコーヒーの香りが、

寝起きの心に活力を与える。


いい日曜日の朝だ。