人生如白駒過隙


中国の歴史読本『十八史略』に、


「人生如白駒過隙」


と言う言葉がある。

人生は、戸の隙間から白馬が走り過ぎるのを見るように、

ほんの一瞬過ぎない。

目的を持ち、有意義に人生を送ろうと言う格言である。


私たちは、1日24時間が与えられているが、

一般的に生活必要時間や仕事時間等の時間を考慮しても、

3分の1、8時間の自由時間はある。


私たちが趣味を楽しむのは、

この時間帯に属している。

この時間を如何に有効に使い、

書に真剣に向き合うかが大切。


時間の有効利用は、人生を有意義に過ごすことにつながる。