日記

日記 · 07日 12月 2018年
旅に出ている訳ではありません。 この心奪われる悠々たる夕空の翼を、 思い出しているからです。 この柔らかい光、 大きな鱗のような灰色の雲、 優しい夕空。 自信に満ちた飛行機の主翼。 東京から帰る途中目にすることが出来ました。 子供のように目を奪われ、 窓から天空を見下ろしていました。
日記 · 05日 12月 2018年
重い1日が過ぎた。 雨は上がり空が開けたが、風が強い。 昨日の名残のような、 大きな灰色混じりの雲が、 まるで疾風のように急速で流れている。 それでも時折朝陽が射し込む。 朝陽は瞬間の斜光。 冬の寒さを感じるときもある。 そんな朝陽を追ってみた。
日記 · 02日 12月 2018年
いつもより遅く起床した。 目が覚めたのは7時40分ころ、 自分としては寝坊である。 東の窓に小高い山がある。 微かに朝焼けの空が見えるので、 「今日は天気らしい…」と思いながら行動を開始した。 窓から外を見ると青空が広がっている。 天が高く、まるで秋空のようだ。 足元に目をやるとクローバーの葉に霜が掛かっていた。...
日記 · 30日 11月 2018年
夜、仕事を終えて夕食。 その時琥珀色のウイスキーを、 氷の入ったグラスに入れ、 飲む。 まろやかな辛みが口の中に広がる。 喉をゴクリと鳴らし、 胃の中に流し込む。 その瞬間が堪らない。 至福の時である。 ウイスキーは Jack Daniels。 それを飲んでポイントがたまり、 Tシャツをゲットした。 ありがとう! Jack Daniels
日記 · 27日 11月 2018年
凄い!。 何という美しさだろう…。 こんな素晴らしい日没を見るのは久しぶり。 永遠に心に残る昨日のサンセット。 我が町は美しい。
日記 · 25日 11月 2018年
嬉しい国際現代書道展文部科学大臣賞受賞で、 我が社中から頂いた胡蝶蘭。 豪華な姿で鎮座している。 毎日見ている胡蝶蘭の魅力を、 カメラで追ってみた。 どこから見ても美しい。 胡蝶蘭は、観賞植物の最高峰だ。
日記 · 23日 11月 2018年
飛行機を見ていると楽しい。 いろいろな形があり、模様があり、 見ていると楽しい。 きっと、子どもならもっと楽しいのだろう。 天空高く飛行する飛行機を見ると、 旅心が騒ぐ。 最近は、LCCもあり華やかさを増している飛行機事情だ。 とにかく面白い。
日記 · 21日 11月 2018年
朝、目を覚ましいつものように外を見ると、 外は薄っすらと雪化粧。 やって来ました初雪さん。 半年間閉ざされる北海道の冬の始まりです。 今も静かにやや湿った細雪が降っています。 長い時間降っているのでしょう…。 白の濃さが増しているように感じます。
日記 · 19日 11月 2018年
久し振りに孫と夕食を共にした。 私が日々仕事に忙殺され、 なかなか会う時間を作れなく、 昨夜はたまたま時間が一致して夕食となった。 会えて喜ぶ、ジジと孫たち。 好い時間を過ごすことになった。 と言うことで、おどける孫と食べる孫の写真をパチリ!。 大きくなってきたので、 こういうことも少なくなるか?…。 やや寂しい。
日記 · 15日 11月 2018年
一筋の朝の光が差し込んできた 鋭く黄色い花に光が当たる そしてたった1輪の花が輝いた 実に美しい光 その光に花も応える 美しい光景が 小さなところにあったのだ 美は何処にでも存在している

さらに表示する