日記

日記 · 16日 10月 2018年
秋の陽射しの中で、 アウトドア用折りたたみ式パイプ椅子を持ち込み、 森林を満喫する二人を遠くから見た。 うぅ~ん! 「実に贅沢な空間と空間を過ごしているな…」 と羨ましく思った。 カメラを持って森に撮影に行った時にみた光景だ。 洒落な休暇の過ごし方かもしれない。
日記 · 15日 10月 2018年
昨日の雨天が一転、 今朝は爽やかな秋晴れの朝です。 ここ数日、最低気温が一桁台になっていましたが、 今朝気温は11度でした。 朝玄関を開け、横の花壇に目をやると、 真紅のミニバラがしっかり咲いていました。 寒くなって来たのに、頑張るミニバラ。 健気な感じがしました。
日記 · 14日 10月 2018年
1週間ぶりの森の散策。 一気に紅葉が進んでいた。 美しい赤、黄色が、池全体を装い、 美しさに目を見張るほどだった。 ハシブトガラが近寄って来て、 愛嬌を振りまいていた。 池に落ちた葉が水面で映え、 何故か感傷の秋を感じた。 苫小牧市の北海道大学研究林にて。
日記 · 12日 10月 2018年
途中、鵡川から厚真を車で走ってみた。 鵡川では、まだ倒壊した建物があり、 仮設住宅も建設していた。 大地全体が地盤沈下したようで、 橋が盛り上がり、土地が下がって段差がひどかった。 厚真の町から離れると、 途中山が崩れた場所が何か所も見られ、 木々が倒れている所もあった。 通過だけだったので、その酷さを直接見なかったが、...
日記 · 10日 10月 2018年
秋を探しに旅に出た。 と言っても森の散策。 何が秋なのか?。 大地の色付き紅葉か?。 それとも実りか…。 そんなことを考えながら、 遠くを見たり、近くを見たり。 そして見つけた秋がこれだった。
日記 · 08日 10月 2018年
毎週訪れていたような台風。 25号は温帯低気圧となって北海道に来たが、 我が町は、心配された雨風も、 身構えていたほど酷くなく、 昨日から晴れ間が広がっている。 こうした中、秋がどんどん進行しているが、 枯れつつある葉に、 眩しい太陽光が当たっていた。 青と緑と輝く光。
日記 · 04日 10月 2018年
「野草の美を求めて…」。 そんなテーマを勝手に決め、 カメラを持って森の中を探索した。 艶やかは無い野草に光を当てることが出来るのか?。 そんな思いで、歩き回った。 台風の影響があったのか、 巨木が倒れ、森があれているように見えた。 いくつかの写真を撮り、 美しいものは、自分の心の中にあると思った。
日記 · 03日 10月 2018年
激しくブロックを打つ波の向こうに、 遠く見えるのが苫東火力発電所。 直線にして35キロくらいだろうか…。 胆振東部地震の震源地も、発電所の15キロ程先。 この発電所が、地震の時に全面ストップして、 北海道がブラックトラウトした。
日記 · 01日 10月 2018年
一晩中台風24号の影響を受けた雨が降っていました。 今日は10月1日。 カレンダーも薄くなりました。 ※ 慌ただしい1週間が終わりました。 水曜日、毎日書道展北海道展の開会式と記念揮毫会。 水曜日、苫小牧で教室。 金曜日、毎日書道展作品解説と夜の宴会。 土曜日、毎日書道展表彰式、講演会、祝賀会。 日曜日、第50回国際現代書道展の作品選別会。...
日記 · 25日 9月 2018年
秋迫る白老のヨコスト湿原の海岸。 陽が傾き始め、 優しく淡い空気が秋の風景を彩る。 柔らかい夕陽が迫りつつある。 海岸は、 サケ釣りの釣り竿が林立し賑わっている。 大きなサケ釣りは、釣り人の醍醐味。 さて 釣果はあったのか?。

さらに表示する