自然 · 10日 12月 2018年
ハクチョウが群れる水辺。 ここはとある長い沼。 冬多くの水鳥が集まる。 ここでハクチョウの着水と離陸を見た。 飛行機の滑走のように着水し、 水面を忍者のように走り離陸する。 水飛沫の起こり方が全く違い、 その姿を見ていると面白い。
書道 · 08日 12月 2018年
心の中が“黒い”訳ではないが、 「黒」と言う字に表情があるような気がして、 いろいろ書いてみた。 甲骨文、金文の文字をアレンジ、 そして集合したら、 こんな作品になった。 人間的な笑顔がテーマになったような気がする。
日記 · 07日 12月 2018年
旅に出ている訳ではありません。 この心奪われる悠々たる夕空の翼を、 思い出しているからです。 この柔らかい光、 大きな鱗のような灰色の雲、 優しい夕空。 自信に満ちた飛行機の主翼。 東京から帰る途中目にすることが出来ました。 子供のように目を奪われ、 窓から天空を見下ろしていました。
エッセイ · 06日 12月 2018年
鉄塔が好きだ。 スッキリと高い鉄塔はかっこいい。 いろいろな形の鉄塔があり、いずれも個性的だ。 平原にスッキリと立ち並ぶ鉄塔は、 荒野の大スターにも見える。 と言うことで鉄塔が大好きなのだ。 ※ 近くにある鉄塔がある。 鉄塔はいつも遠くから眺めるだけだが、 至近距離だったので、近くに寄ってみた。 そして鉄塔に中に入ったらどう見えるのか?。...
日記 · 05日 12月 2018年
重い1日が過ぎた。 雨は上がり空が開けたが、風が強い。 昨日の名残のような、 大きな灰色混じりの雲が、 まるで疾風のように急速で流れている。 それでも時折朝陽が射し込む。 朝陽は瞬間の斜光。 冬の寒さを感じるときもある。 そんな朝陽を追ってみた。
自然 · 04日 12月 2018年
最近、好く見かけるシラサギ。 その数が増えてきて、 生息域も広がっているようだ。 白老のポロト湖では、 集団で見かけるときもある。 綺麗な鳥だ。 その姿を森の水辺で見た。
自然 · 03日 12月 2018年
ハクチョウやガンが、 自由にのびのびと生息する湿原。 やがて陽が西に傾き始めると。 美しい夕陽が大地を照らす。 その時、 夕陽に染まった赤いハクチョウが空を舞った。 美しく輝いた瞬間だ。
日記 · 02日 12月 2018年
いつもより遅く起床した。 目が覚めたのは7時40分ころ、 自分としては寝坊である。 東の窓に小高い山がある。 微かに朝焼けの空が見えるので、 「今日は天気らしい…」と思いながら行動を開始した。 窓から外を見ると青空が広がっている。 天が高く、まるで秋空のようだ。 足元に目をやるとクローバーの葉に霜が掛かっていた。...
日記 · 30日 11月 2018年
夜、仕事を終えて夕食。 その時琥珀色のウイスキーを、 氷の入ったグラスに入れ、 飲む。 まろやかな辛みが口の中に広がる。 喉をゴクリと鳴らし、 胃の中に流し込む。 その瞬間が堪らない。 至福の時である。 ウイスキーは Jack Daniels。 それを飲んでポイントがたまり、 Tシャツをゲットした。 ありがとう! Jack Daniels
自然 · 29日 11月 2018年
静に静に雪が天から降ってきました。 青空が見えています。 今朝は、最高気温3℃、最低気温ー3℃。 その差わずか6℃しかありません。 さて、そんな寒い冬の空ですが、 水鳥たちは元気です。 ガンが飛び、ハクチョウが飛び、 北の大空は賑わっています。

さらに表示する