23日 9月 2017年
久し振りに早く起き、朝の海に足を運んだ。 昨夜、激しい雨が降ったが、 今朝は晴上っていた。 日の出から時間が経っていたので、 太陽は既に高かった。 波やや高く、太陽は少し雲に隠れていた。 一羽の烏が、流木に留まり 遠くの対岸で、 空に真っ直ぐと煙突の煙が上がっていた。


22日 9月 2017年
エゾ富士と言われる羊蹄山。 日本のシンボル富士山に似て、 とても美しい山だ。 羊蹄山を取り巻く町々も、 自分たちの町から見えるエゾ富士が一番と、 その美しさを誇っている。


22日 9月 2017年
最近、群れ飛ぶカモの姿を目にする。 冬が近付き、シベリヤから南下してきた鳥たちだ。 もう、渡りの季節になったのだ。 これから白鳥も来るだろう。 そしてオジロワシやオオワシなど猛禽類も。 野鳥観察にとって、楽しめる季節だ。


21日 9月 2017年
ラブラブの水草を発見した。 よく見ると普通の水草なのだが、 遠くから見ると、 その種リエットがハート形に見えた。 水面で寄り添っているかのようで、 その姿がとても愛らしかった。


19日 9月 2017年
山を歩いていると 夏の花エゾアジサイが 寂しそうに残っていた もう季節が変わり紅葉を見せ始めているのに うなだれた小さな花びらが四つ 夏を名残り惜しむかのように


18日 9月 2017年
忙中閑あり 休みを利用して神仙沼に足を延ばした まだ紅葉には少し早かったが 少しずつ秋が忍び寄っていた 木道を進むと 赤く染まった木々が目に入る そのたびに 確かな秋の足を戸を感じた 台風が過ぎ去ったが 一気に秋が深まり 次には寒い冬が来るのだろう 北国の秋は短い


17日 9月 2017年
車の乗って2時間。 ニセコの天空の景勝地・神仙沼を訪れた。 大勢の観光客が訪れ賑わっていた。 木道に落ち葉が散らかり、 秋の訪れを感じさせていた。 周囲に目をやると、 赤く色づいた葉が目立つ。 途中の湿原の草は、美しく黄色く染まり、 緑の世界が一変。 神仙沼は、秋の様相に変わりつつあった。

16日 9月 2017年
「イガグリ君」と言う漫画をご存じだろうか?。 一昨日、可愛いイガグリが、 たわわになっている栗の木を見て、 記憶が甦った。 漫画雑誌「冒険王」を小学生のころ読んでいた。 60年前の漫画である。 その中に出ていた「イガグリ君」 大好きな漫画の一つだった。 記憶を呼び起こしイガグリ君のキャラを描いてみた。...


15日 9月 2017年
野菊が目立つ季節になって来た。 野菊は秋を物語る。 今、勢力的に咲いているのは紫色の野菊。 道端でよく目立つ。 その蕾が可愛い。 思わずレンズを向けた。


14日 9月 2017年
小さい秋見つけた! そんな感じだろうか…。 道端の塀の向こうの栗の木に、 まだ青い毬栗がたくさん実っていた。 毬栗はなぜか可愛い。 そして秋の訪れを感じさせる。


さらに表示する