2017年

8月

19日

陽射しいっぱい…

久し振りに青空が広がり、

 

恋しかった太陽が輝いた。

 

8月はほとんど晴れた日が見られなかった。

 

花や草木たちは、

 

思いっきり陽射しを浴びているに違いない。

 

キキヨウが思いっきり背伸びして、

 

太陽の日を受けている。

 

その表情が明るい。

 

2017年

8月

18日

金色の洞爺湖

湖が金色に輝くときがある。

 

太陽が西に傾きはじめ、その光が湖面に反射した時だ。

 

滅多に見られない光景。

 

標高1230mのオロフレ峠を壮瞥側から上り、

 

振り返ると、

 

金色に輝く洞爺湖が見えた。

 

湖面が鏡のように反射している輝き。

 

滅多に見られない鏡の湖にレンズを構えた。

 

2017年

8月

17日

気配…秋

長い間、癌と闘っていた妹の突然死。

立派に育った3人の子供たちに見守られ、

黄泉の世界に旅立って行った。

あわただしい数日が終わり、

今朝は静かな普通の日に戻った。

気が付けば、お盆が終わり、

秋の気配を感じる。

今日の白老は曇り空。

2017年

8月

15日

妹の死

3っ年下の妹が逝ってしまった。

乳がんが直腸、肝臓と転移し、

69歳の若さで亡くなってしまった。

たった一人の可愛い妹だっただけに、

別れの悲しみは大きい。

年齢が近いせいもあり、

小さなときからよく兄妹の喧嘩をしていたが、

それも好き思い出となってしまった。

この写真は、小学生のころ写した写真。

60年以上も前に、

一緒にブランコに乗り撮った好きな写真だ。

今日最後の夜となる。

さようなら…妹よ。

2017年

8月

13日

マガモ、木にとまる!?

あまり見られない光景を目にした。

 

水鳥のマガモが木にとまっていたのだ。

 

こんな細い木を水掻きのある足で登り、

 

しっかりと木に立ち止まっている。

 

しかも涼しい顔して。

 

考えようによっては、

 

なんとも滑稽な姿ではないか…。

 

苫小牧澄川書道教室