2016年

9月

26日

どうだ! 参ったか的早起き行動

早起きが出来ず、

 

「日の出の写真を撮っていないー」

 

と、昨日嘆いていた自分自身であったが、

 

今朝は気を取り直し、

 

早起きして朝陽を撮影してきた。

 

自分自身に

 

「どうだ! 参ったか?」と言わんばかりの、

 

今朝の早起き行動だった。

 

早起きは三文の徳と言うが、

 

やはり日の出の美しさは、素晴らしい。

 

 

0 コメント

2016年

9月

25日

起きれない朝…

今年に入り、日の出の写真が撮れない。

 

撮れない理由は一つ、

 

日の出時間に起きることが出来ないのだ。

 

写真は撮りたいが、起きれない…。

 

そんなジレンマに陥っている。

 

最近の日の出時間は、5時20分ころ。

 

今朝、5時10分に目が覚めた。

 

「日の出を撮りに行こう!」

 

そう思って、カーテン越しに外を見た。

 

残念!

 

空は曇っていた。

 

まだまだジレンマが続きそうだ。

 

悔しいので、

 

昔の日の出を再登場させる。

 

 

0 コメント

2016年

9月

24日

庭の野花を愛でる!

秋晴れの朝

外に出てみた

あまり手入れをしていない我が家の庭に出て

ちょっぴり観察したら

小さく可愛い野花が咲いていた

野の花は、可憐でなかなかいいものだ

朝から心が和んだ

0 コメント

2016年

9月

22日

男と刃物

男は本能的に武器にあこがれる。

 

子供のころの遊びはチャンバラ、棒を持って走り回っていた。

 

小学生3、4年生くらいの時、肥後守のナイフをいつもポケットに入れていた。

 

 

一番の用途は鉛筆削り。

 

だが、チャンバラ用の刀にする柳の木の枝を切ったり、

 

それを削ったり、先を尖らせたり、

 

肥後守のナイフは、有効に使いこなしていた。

 

※ ※ ※ ※

 

それから数十年経て、アウトドアで遊んでいたころ、

 

形の良いナイフに憧れ、カナダに行ったとき購入したのが、

 

2本のナイフである。

 

 

このナイフは、形状として魅力がある。

 

そして切れ味も抜群。

 

40年近くたった今も直、宝物となっている。

 

男は狩猟民族だった古代より、

 

良い刃物に憧れていたのかもしれない。

 

0 コメント

2016年

9月

21日

うわぁ~、柿が実ってる!

北海道の湘南伊達市の公園で

 

束の間の散歩を楽しんでいたら

 

澄み切った青空の下で

 

輝く柿の実を発見した

 

 

 

本州では珍しくないのだろうが

 

雪国の北海道で柿木は

 

ほとんど見られない

 

実に珍しい光景

 

 

 

「うわぁ~、柿が実っている!…」

 

思わず子供のように心が弾み喜んだ

 

色づいたらもっと綺麗なんだろうな

 

しっかり成長するのを願った

 

 

 

 

 

0 コメント

苫小牧澄川書道教室